よるくも【漫画】ネタバレ!結末は?感想と無料試し読みも!

yorukumo

よるくも【漫画】のあらすじ

富裕層が住む「街」、貧困層が住む「畑」、そして最も下層で無法地帯の「森」・・・。そんな三層に分かれ格差のある世界で、「畑」に住み料理屋の娘として働くキヨコは、ある日謎の青年と出会うが・・・。決して交わることは許されないそれぞれの階層の人間たち。

人と人の思いが複雑に絡み合い進んでいく愛と悲劇の物語、開幕!

ここから先はネタバレのオンパレードですので、

先に読みたい方はこちらへどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

→よるくもを無料試し読み(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「よるくも」と打ち込んでください。

→よるくもを無料試し読み(PCの方はコチラ)

よるくも【漫画】のネタバレ

この世界には、上中下とあって、上の「街」、中の「畑」、下に、奥深く、暗く――「森」があった。そんな世界の「畑」、屋台通りで食堂を営む母親と二人で暮らす少女、キヨコ。彼女は、安くてうまい食事を提供する高岡飯店の看板娘として日々を忙しく過ごしていた。そんなキヨコに一度でいいから大きな鯛を捌かせてやりたいと、「街」のことを羨ましそうに話す母親。

 

一方、世界の最下層の無法地帯「森」では、殺人、暗殺などは当たり前。死体を見つけた子供たちは、遠慮なくその死体からベルトや時計などを奪っていく。そんな世界で、一人の殺し屋が誕生した。名を小辰、通称「よるくも」。

彼がよるくもと呼ばれるのは、その殺害方法にあった。ターゲットの背後に静かに忍び寄り、細いワイヤーで切断していく。まるで感情のカケラもないように。ある時、そんなまったく違う世界の住人であるキヨコと小辰は、高岡商店の常連である中田という男を介して出会うことになる。

この中田という男、実は幼いころ小辰を拾い、暗殺者に仕立て上げた張本人だった。小辰は、中田の言うとおりに暗殺を実行していたのだ。そんなことは知りもしないキヨコは、中田が連れてきた小辰の食事の世話を頼まれることに。

そしてキヨコと小辰は交流を重ねていくうちに、次第に特別な感情を持つようになっていく。幼いころから暗殺者としての腕を仕込まれた小辰は、一切の感情を持たない人物。

痛覚も、読み書きさえも教えられていないのでできない小辰は、今まで出会ったことのないタイプの人間――キヨコと関わることで、人間らしい感情を取り戻していくようになるのだ。また、キヨコの母が亡くなったことで、彼女の状況は一変する。

 

中田は、孤独になってしまったキヨコに、小辰と三人で「森」で暮らそうと言い出す。その言葉を受け入れ、畑での生活に終わりを告げ森に入った彼女は、そこで森の真実と、中田という男の本性を知ることになる。恐ろしく、目を背けたくなる真実を知っても、逃げ出すことなどできない。

キヨコと小辰の運命は、どうなっていくのか・・・、非常に気になる作品。

 

心のどこかに闇を抱えている、個性的な登場人物たち。キヨコは心のどこかで「家族」を求め、小辰は感情を持たず、中田は狂気に満ちている・・・。そして、亡くなったキヨコの母にも深い心の闇があり、それが彼女の死にも深く関わっている。

母の死の真相を知り、キヨコは中田のもとを飛び出すが、その先で出会うことになる森の主、王子とその妹の。彼らもこの物語の重要な部分を担っていて・・・。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→よるくもを読む(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「よるくも」と打ち込んでください。

→よるくもを読む(PCの方はコチラ)

よるくも【漫画】の結末は?感想と無料試し読み

息を呑む展開で目が離せなくなるこの作品、登場人物それぞれが皆どこかおかしくて、闇を持っている。こんなにも格差のある社会で生きている人々は、皆こうなってしまうのか、人間が持っている醜い負の部分が全部詰まっているような感じを受けた。

だからこそ妙にリアルで、それぞれのキャラクターに共感してしまう部分も多々あるし、考えさせられる部分も多くある。独特の重厚な内容と世界観、そして魅力的なキャラクターたち・・・。

この物語にハッピーエンドはあるのか?結末のそこだけはお伝えします。

そうです。ジュン!ジュワー。とハッピーになっちゃうんです。

しかしながら、孤独を何よりも恐怖していたキヨコに幸せは訪れるのか?結末まで流れるような怒涛の展開ですが、細かい内容は様々な場面に注目して、ご覧ください。

全5巻なので1日で読めてしまいます!無料試し読みはこちらから。

グッドラック!

↓↓↓↓↓↓↓↓

→よるくもを読む(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「よるくも」と打ち込んでください。

→よるくもを読む(PCの方はコチラ)

 

   

 - SF・ファンタジー, サスペンス, ヒューマンドラマ