インサイダー【映画】アカデミー俳優の共演は必見!ネタバレ&感想と無料動画!

インサイダー

インサイダーのあらすじ

ある日60ミニッツの敏腕プロデューサーであるバーグマンはタバコ会社の不正を告発する文書を手に入れ、その不正を裏付ける証人としてタバコ会社B&W社の元副社長ワイガントに接触し、インタビューを受けるよう説得をする。

内容は大手タバコ会社のトップ7人が裁判でニコチンに中毒性がないと証言したことを覆すというものだ。

B&Wとの守秘義務契約があるワイガントはバーグマンと接触してから脅迫などの嫌がらせを受け、インタビューを受けることを思い悩む。

そこでバーグマンは彼がインタビューができるように、ミシシッピー州で行われているタバコ会社に対する裁判の証言者になるよう提案。

証言者となった後にインタビューをすれば、会社との守秘義務を守る必要がないという算段だ。 ワイガントはバーグマンの策を受け入れ、インタビューと裁判の証言をすることを決心するのだが…。

ここから先はネタバレがあります。

先に映画を観たい方はこちらでどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

↓↓↓↓↓↓↓↓

インサイダーをU-NEXTの31日間無料視聴でみる!

※無料トライアルはPCはもちろん、スマホやタブレットでも観賞できます!

インサイダーのネタバレと感想

アメリカで実際にあったタバコ産業の不正を暴いたニュース番組60ミニッツのプロデューサー&その不正を裏付ける証言者となるタバコ会社の元副社長とタバコ会社との戦いを描いた実話に基づく作品。

戦いと書いたが暴力シーンはなく、血が流れることもありません。

社会的地位やその後の人生を揺るがし兼ねない精神的嫌がらせや圧力に屈することなく、信念に基づいて戦う男達のお話です。

この手の映画は役名を変えることが多いイメージがありますが、実名を使っているところに本人達はもちろん、映画制作者達の男気も垣間見れるなぁと感心する次第です。

実話がベースということで、単に正義が勝つというお話にはなってないのもいいですね。

バーグマンは失職(自分のプライドも多分に影響しているという描き方ではある)、ワイガントは家族(ハッキリと最後は描いていないが、この事件が影響で離婚)を失い

単純に彼らの完全勝利

はなっていないのです。

もしかしたら2人は映画では描き切れてないだけで他にも何か失っているのかもしれません。

↓↓↓↓↓↓↓↓

インサイダーをU-NEXTの31日間無料視聴でみる!

※無料トライアルはPCはもちろん、スマホやタブレットでも観賞できます!

インサイダーを無料動画で観れる!

これがフィクションなら善であるハズの2人のダメージは恐らくここまで大きくなかったでしょう。

また現実の彼らは映画の結末を迎えるまでに何かしらの罪を犯したかも?とか思ったりしました。

もちろん犯罪はしてないだろうし、ただの推測の域は越えないのですけども。

まぁ、そういった観点からも勧善懲悪というのは現実世界ではあり得ず、見る人の視点が違えば善も悪も幾通りも存在するのだろうなぁとタバコを吸いながら思い巡らすのでありました。

ストーリー以外では、アルパチーノが熱い男を文字通りしっかり熱演。

信念を曲げずに生きる男はかっこいい!

そう思わせてくれますねー。

とか思いつつ、最後のテロップで一部脚色ありとあったので、現実のバーグマンはここまで一本気じゃないんじゃね?とか思ったりもしましたw

てことで個人的にはかなり好きな作品です。

★★★★☆

個人的評価は4つ星です!

知られざる社会の裏側を知りたい方、実話ベースの作品が好きな方には是非観ていただきたい!またアカデミー賞を受賞した実力のある名優がたくさん出演しておりますので、緊迫するストーリーの中で躍動する俳優をみたいという方にも是非是非オススメしたいです!

↓↓↓↓↓↓↓↓

インサイダーをU-NEXTの31日間無料視聴でみる!

※無料トライアルはPCはもちろん、スマホやタブレットでも観賞できます!

インサイダー キャスト&スタッフ

ローウェル・バーグマン アル・パチーノ

ジェフリー・ワイガント ラッセル・クロウ

マイク・ウォレス クリストファー・プラマー

リアーン・ワイガント ダイアン・ヴェノーラ

ドン・ヒューイット フィリップ・ベイカー・ホール

シャロン・ティラー リンゼイ・クローズ

デビー・デ・ルカ デビ・メイザー

エリック・クラスター スティーヴン・トボロウスキー

ロン・モトリー ブルース・マッギル

トーマス・サンドファー マイケル・ガンボン

ジョン・ハリス ウィリー・C・カーペンター

脚本 エリック・ロス/マイケル・マン

監督 マイケル・マン

1999年 158分

アカデミー主演男優賞を獲得しているアル・パチーノとラッセル・クロウはもちろん他の作品でも名演技を披露してくれているのですが、ここではクリストファー・プラマーの他作品に触れたいと思います。

彼の名を一躍世界にとどろかせた作品は、ミュージカル映画の永遠の名作「サウンド・オブ・ミュージック」でしょう。トラップ大佐ですね。この名作は1965年の作品なので、半世紀以上にわたって一線で活躍している俳優ということになりますね。

近年の彼の出演作で個人的にお気に入りなのは「人生はビギナーズ」です。主人公オリヴァーの父・ハル役を演じています。妻が死んだ後、息子に実はゲイだとカミングアウトするという、ちょっと難しい役どころです。この作品ではアカデミー助演男優賞を受賞しています。

若き日の彼と近年の彼とを見比べてみてください!もちろんどちらもU-NEXTで観れますよー!是非無料トライアルで名優の演技を堪能してください!

↓↓↓↓↓↓↓↓

インサイダーをU-NEXTの31日間無料視聴でみる!

※無料トライアルはPCはもちろん、スマホやタブレットでも観賞できます!

      2016/07/22

 - サスペンス, 実話, 映画ミシュラン, 社会派ドラマ