ネタバレ&無料試し読み!【漫画】SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさん

 

主人公、本田紫織は地味で冴えない女教師。

生徒はおろか同僚の教師にさえ名前を覚えられていない始末。

目標と呼べるものもなくただ漫然と日々を過ごしていた。

 

そんな紫織が27歳の誕生日を迎えた日、

目の前にアフロ頭の黒人幽霊が現れた。

その正体は27歳でこの世を去った世界一のギタリスト、

ジミ・ヘンドリクスその人であった。

 

ここから先はネタバレのオンパレードですので、

先に読みたい方はこちらへどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを無料試し読み

※検索窓に「SHIORI」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを無料試し読み

 

CROSS ROADの契約によって呼び出されたという彼が言うには

 

27歳が終わるまでに伝説を残さなければ紫織の命が無くなるらしい。

不思議な出会いにより昔の夢と情熱を取り戻した紫織は

伝説を残すためバンド活動を始めようとする。

 

実在したギタリスト、ジミ・ヘンドリクスが登場するこの漫画

本当にお勧めできるんです!

もうなんでなんで?なんでなの?

 

伝説的な人物が幽霊となり主人公に取り憑くというと

ヒカルの碁を彷彿とさせますが

これはそのギタリスト版といったところ。

ギターのシールドを首の後ろに挿されると体を乗っ取られる

JACK inという設定も笑っちゃうけどよくできた設定だなーと感心w

 

CROSS ROADもロックファンなら一度は聞いたことがある伝説でしょう。

夜中の十二時に十字路の真ん中でギターを演奏すると

悪魔が現れて契約すると超絶なギターテクニックが手に入るというもの。

 

元々はブルースマンであるロバート・ジョンソン

短期間でギターが上達したことから広まった話です。

 

この作品では悪魔ではなく

CROSS ROADの番人としてジミ・ヘンドリクスが呼び出されていますが

本来契約しようとしていたのは紫織ではなく失踪した兄が試みたもの。

しかし兄は27歳を過ぎていたため契約に失敗。

なぜ27歳というのがポイントかというと

 

ロック界のもう一つの伝説27クラブというのが絡んでいるからです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを読む

※検索窓に「SHIORI」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを読む

 

27クラブというのは

若くしてこの世を去った有名ミュージシャンの多くが

27歳という年齢だったことから名づけられたもので

もちろんジミ・ヘンドリクスもその一人。

 

そんな二大伝説を上手く漫画に落とし込んだこの作品、

設定だけで心惹かれます。

物語にはもう一人のCROSS ROADの番人であり

27クラブの一員でもあるニルヴァーナのギターボーカル、

カート・コバーンが登場するのですが、

二人の時代を超えたセッションシーンは

漫画の中のこととはいえ胸に来るものがあります。

 

黒幕的な音楽プロデューサーが

CROSS ROADの番人を集めたバンドを結成しようと目論んでいるので

他の27クラブの伝説的プレイヤーの登場も期待できます。

 

実在した人物をキャラクターとして使用しているので

権利関係は大丈夫なのかよ!とそちらのほうも目が離せませんw

バンド経験者や音楽好き人にはやっぱりたまんねーな!

おれももっとうまくなりてーな!という作品です。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを読む

※検索窓に「SHIORI」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→SHIORI EXPERIENCE ジミなわたしとヘンなおじさんを読む

 

読まないと人生半分くらいは損!

→漫画ミシュランのハズレないイケテル漫画特集

      2016/05/12

 - SF・ファンタジー, 歴史, 音楽・バンド