児童福祉司 一貫田逸子6話「生贄の子」のネタバレと感想!

 

 見る人の心をつかむ作品、「児童福祉司 一貫田逸子」

 逸子はこれまでも、さまざまな家庭の問題に立ち向かい、

そして職場の仲間たちとともに解決してきた。

 今回紹介するのは、1巻のメインストーリーとも言える作品、「生贄の子」

 ここでは、今まで目立たない存在だった

心理判定士・遠山春男を中心に話が進んでいく。

 

ここから先はネタバレのオンパレードですので、

先に読みたい方はこちらへどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

※検索窓に「一貫田」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

 

 心理判定士という仕事を知っていますか?

 

 こういう書き出しで、物語は始まっていく。

 この作品を読むまで正直知らなかった職業だが、

この話を通して、本当にたくさんの職種の人たちが関わっている仕事なのだと思った。

 

 あおば野児童相談所に、虐待の通告があったのはつい先日のこと。

 通告してきたのは中学の先生で、月に一度のお弁当の日に、

ある女の子が持ってくるお弁当が残飯のようだというのだ。

もうマジでやめてあげて。残飯とかー。ペットじゃねえぞ!

 

 その少女の両親に事情を聞く逸子。

母親はその件を聞くなり逆上。

そんなことはしていないと言い張り、父親はか細い声で何も知らないと。

 

 そしてあおば野児童相談所にその少女がやって来る。

 13歳、中学一年生の、杉本由惟(すぎもと・ゆい)

 さっそく、心理判定士の遠山による、カウンセリングが始まった。

 

 まず、由惟ちゃんに自画像を描いてもらうところからスタート。

子どもの絵は、その子の心情を一番あらわすものなのだという。

 由惟ちゃんが書いた自画像は、輪郭は何となく描けてはいるものの、

顔、表情、どれもなく、背景は真っ黒だった。

 

 それを見た遠山によれば、13歳にしては知能が低い可能性がある、

軽いうつ症状も見られるとのこと。

 結果的に、精神的にかなりダメージを受けているとのことだった。

 

 話し合いの結果、いますぐ親子を離すのは難しく、

セラピーを受けさせながら様子を見ることになった。

 顔のない絵を描く子は、秘密を隠している可能性があるのだと、

遠山は不安を覚えていた。

 

 それからも、虐待は繰り返される。

その家族には由惟ちゃんだけじゃなく、もう二人子供がいたが、

虐待されているのは由惟ちゃんだけ。

父親も、それを止めるふうもなく、見て見ぬふりをしている。

 この家族、まだ何かありそうな予感・・・

↓↓↓↓↓↓↓↓

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

※検索窓に「一貫田」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

 

 そんなとき、遠山のもとへ、一本の電話が。

 かけてきたのは、大学の同期で、エリートサラリーマンの磯村

 

 久しぶりに会った磯村は、子供のために寄付をしたいという。

 どこに寄付したらいいか、遠山なら分かるのではと、連絡を寄越してきたのだ。

何だこの人超いい人!!

 

 実は磯村は、人には言えない過去があった。

 ――そして、事態は予想外の展開になっていく・・・!

 

 一方、由惟ちゃんのほうは、ますます深刻な事態へ発展。

残飯を毎回食べさせられ続けた結果、

下痢をしたり、空腹に耐えきれず、万引きをしたり・・・

 

 由惟ちゃんは、心も身体も、ボロボロになりかけていた。

 しかし母親は、玄関先にパンの袋を見つけたことでまた由惟ちゃんに虐待を始める。

それを隠れて見ていたのは――

 

 逸子が家庭を訪問するも、大丈夫の一点張りで、

次第に由惟ちゃんも絵を描かなくなっていく。

 そして、打つ手がなくなっていく児童相談所の仲間たち。

 八方ふさがりのこの状況を、うち砕く手は何かないのか・・・

 希望は、予想外のところにあった――

 

 キーワードは、由惟ちゃんの絵と、遠山の大学時代の同期、磯村の言葉。

 今回は、由惟ちゃんの事件と、磯村の話が中心になって進んでいく。

 

「生贄の子」とは、どういう意味なのか、

最後まで読み進めてもらえれば、わかると思う。

 今回も、重いテーマの話だったが、

一歩間違えればこういうふうになりかねない感じがとてもリアルに描かれていた。

 家庭だけじゃなく、集団の中で起こり得る「生贄」とは・・・?

 

 由惟ちゃんが笑って暮らせる日はやってくるのか・・・?

 結末はぜひ、ご自身で!

↓↓↓↓↓↓↓↓

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

※検索窓に「一貫田」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→「児童福祉司 一貫田逸子」を読む

【児童福祉司 一貫田逸子の目次はコチラ】

児童福祉司一貫田逸子【漫画】ネタバレ!あらすじと感想&無料試し読み!

児童福祉司一貫田逸子【漫画】2巻ネタバレと感想&無料試し読み!

児童福祉司 一貫田逸子【漫画】6話「生贄の子」のネタバレ!あらすじと感想!

児童福祉司 一貫田逸子【漫画】~最終回結末ネタバレ!あらすじと感想!

児童福祉司 一貫田逸子~ネタバレ!原作・作者のwiki&無料試し読み!

【児童福祉司 一貫田逸子】育児ノイローゼでの虐待は児童相談所の一時保護制度に頼れ!

 

      2016/06/15

 - 児童福祉司 一貫田逸子特集