花のみぞ知る(宝井理人)ネタバレ!あらすじと無料試し読み!

 

花のみぞ知るのあらすじ

大学生の御崎詔太有川洋一は同じ大学にいながらも学部が違うため、お互いの存在を知りませんでした。

ある日の午後、御崎が研究用の植物を運んでいる最中、鉢植えを盛大にひっくり返してしまいます。

然その場にいた有川はその鉢植えを拾う手伝いします。

これが二人の初めての出会いでした。

 

それから駅の構内でぶつかったり、御崎の研究室の教授推薦で有川が手伝いに来たりして二人は同じ研究室で過ごすようになります。

御崎が気になって、どんどん近づこうとする有川に御崎は最初困惑してしまいますが天真爛漫な有川に徐々に惹かれていきます。

しかしそんな二人の前にある人物が現れて二人の関係は大きく変わっていきます。

ここから先はネタバレのオンパレードですので、

先に読みたい方はこちらへどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

→花のみぞ知るを無料試し読み

※検索窓に「花のみぞ知る」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→花のみぞ知るを無料試し読み

花のみぞ知るのネタバレ

この漫画は正反対の二人がどうやって距離を縮めていくのかがとても見どころです。

まず学部ですが、有川洋一は法学部、御崎詔太は農学部です。

ここで物理的な距離がありますが、これは御崎がドジをして花をひっくり返した場面に有川が出くわしたり、御崎の研究室に教授推薦で有川が入ってきたりで縮まっていきます。

性格面は有川が明るく無邪気で人からとても好かれている一方、御崎は物静かでまじめで警戒心が強いせいか友人はいません。

有川は一度気になることがあるとそのままにしておけない性格で、どんどん御崎にぶつかっていきます。

それは有川が、御崎と駅でぶつかった時に拾った荷物にまざってしまった女物の花のネックレスについてもそうでした。

大学で会った時も駅でぶつかったときもコンタクトの調子が悪くて有川は御崎の顔がわかっていませんでした。

しかし自分とぶつかって去っていく人物がミサキと呼ばれていたことで有川はミサキの夢を見ます。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→花のみぞ知るを無料試し読み

※検索窓に「花のみぞ知る」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→花のみぞ知るを無料試し読み

 

花のみぞ知るの感想と無料試し読み!

友人から農学部に御崎という生徒がいると聞いてすぐ会いに行き、周りに人がいるにも関わらず突然「俺、君のことが凄く好きなんだよ!」や 「夢…そう君が何度も夢に出てきたんだよ!」などと言ってしまいます。

突然そんなことを言われた御崎は有川に対して困惑するのですが、御崎に興味をもった有川は構わずぐいぐいいきます。

そんな有川のまっすぐな言動に、御崎も有川が徐々に気になっていきます。

お互いが意識してきたときに、御崎に執着している川端という人物が出てきて二人の関係はぎくしゃくしてしまいます。

 

この漫画は恋をすると相手の言動にどきどきしたり、傷ついたり、いろんろな感情が出てきてぐちゃぐちゃになる様子が繊細に描かれています!

とても切なくなりますが問題を乗り越えた後にお互いを思う気持ちが強くなる様子にはとても胸が温かくなって、キュンキュンします。

恋をして気持ちに振り回されていてもやもやしている感じ、相手を深く思っている恋愛を見たい方におすすめです。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→花のみぞ知るを無料試し読み

※検索窓に「花のみぞ知る」と打ち込んでください。

PCの方はコチラ

→花のみぞ知るを無料試し読み

 

作者・宝井理人のテンカウントもおすすめ!

作者・宝井理人のセブンデイズもおすすめ!

   

 - BL, キュン死