獣医ドリトル【漫画】感想とネタバレ!無料試し読みも!

獣医ドリトル

獣医ドリトル【漫画】のあらすじ

獣医ドリトルこと、鳥取健一

「獣医はビジネスだ。ボランティアではない」というのが彼のモットー。

彼の父親も獣医で、治療費を払えない動物達の治療も引き受け、最後は過労死をしている。

「獣医がボランティアをしていては、正規の料金を払ってやってくる患畜への対応がおろそかになる」という教訓を父を反面教師にして学んだのだ。

動物がかわいいだけでは獣医は務まらない。

そして動物がかわいいというだけでは、飼い主にはなれないのだ。

 

ここから先はネタバレのオンパレードですので、

先に読みたい方はこちらへどうぞ

↓↓↓↓↓↓↓↓

→獣医ドリトルを無料試し読み(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「獣医ドリトル」と打ち込んでください。

→獣医ドリトルを無料試し読み(PCの方はコチラ)

獣医ドリトル【漫画】のネタバレ

鳥取健一。通称、ドリトル先生。

ドリトル先生の病院で働いているのは多島あすか白野春彦などです。

あすかは自分と同じ名前の競走馬・ミライアスカが、足を骨折し、安楽死をさせられそうになったに反対し、医者を探して鳥取医院にたどり着きます。

多額の治療費を支払うために、そのまま鳥取病院にAHT(動物看護師)として住み込みで働き始めるのです。

最初はドリトル先生のやりかたを「冷たい」と思っていますが、多くの患畜・飼い主と接することで、先生の言い分は一理ある、と尊敬するようになります。
 

白野春彦は飼い猫が赤ちゃんに噛み付いて怪我をさせてしまい医院にやってきます。

彼の飼い猫のシロをかわいがるあまり、わがまま放題に育てしまい「アルファ・シンドローム」にしてしまったのです。

このままでは保健所に通達されてシロを処分されてしまうということで、シロの要求にノーと言いい続けなくてはならなくなるのですが、もちろん、その方法を春彦は知りません。

そこで、あすかと同じように治療費を支払うために住み込みのバイトをすることになります。

他にも患畜がいるので、自分のペットであるシロだけをかまうことができません。シロがどんなに騒いでも、「あとでな」と声をかけるのです。

そしてそんな日々が、シロのアルファ・シンドロームを完治させていたのです。

春彦は気づいていませんでしたがね(笑)

その後、春彦は獣医学部に進み、鳥取病院によく顔を出し、手伝いをするようになります。

↓↓↓↓↓↓↓↓

→獣医ドリトルを無料試し読み(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「獣医ドリトル」と打ち込んでください。

→獣医ドリトルを無料試し読み(PCの方はコチラ)

獣医ドリトル【漫画】の無料試し読み!

動物には優しいけれど、ぶっきらぼうで、敵を作りやすく「悪徳獣医」と言われることもしょっちゅうのドリトル先生。

しかし周囲のことなど気にしません。毎回運び込まれる患畜に誠心誠意対応します。

その姿にあなたもきっと心うたれるはずです!

そうそう、猫を飼っている人ならおわかりかもしれませんが、猫の虫歯を甘くみてはいけないんですね。

チョコレートを食べさせてはいけない(でも○gまでなら、中毒の心配はない)、猫アレルギーがある家庭では、普通の掃除にぬれふきんで拭き掃除を追加することで、症状を抑えられる(猫を他の家にあげる必要もない)などなど、ペットを持つ人には勉強になることも盛りだくさんです!

 

ペットを飼っている人、ペットを飼いたいと思っている人にお勧めです。ペットが頼れるのは飼い主だけ、責任もって命をあずかろうと教えてくれる作品です!

↓↓↓↓↓↓↓↓

→獣医ドリトルを無料試し読み(スマホの方はコチラ)

※検索窓に「獣医ドリトル」と打ち込んでください。

→獣医ドリトルを無料試し読み(PCの方はコチラ)

   

 - ヒューマンドラマ, 医療, 漫画ミシュラン